分譲物件と賃貸物件のメリット、デメリット

老人マンションについて

社会の高齢化が進む中、ケアハウスと呼ばれる老人マンションが増えてきています。ケアハウスは軽費老人ホームの1つですが、60歳以上、自炊が出来ない程度の身体の低下のみでほとんどのことは自立して行えることなどが条件になります。通常のマンションと同じように、自立して自由に生活することが可能ですが、栄養士により栄養管理された食事が1日3食出されること、入浴がついていること、健康診断の機会が設けられていること、緊急時の対応が出来るように医療機関と連携がとられているなど、老人が安心して生活が出来る体制が整えられています。
また、訪問介護などの介護保険の利用も可能です。年をとると、元気とは言ってもなかなか体が言うことを聞かないものです。家族と一緒に住んでいれば安心ですが、独居老人や老人夫婦のみで住んでいることも多いです。さらには、老人が老人の面倒を看ているという場合もあり、万が一の時に対処できるのかどうかも不安になります。老人マンションではそのような不安を解消すべく、生活支援つきのマンションです。老人マンションであれば、本人も家族も安心して毎日の生活を送ることが出来ますし、マンション住居者は同じ年代なので話もしやすいでしょう。
イベントなども用意されているので、いろんな人と会話が持てたりと、安心と共に楽しい老後生活を送ることが出来そうです。

厳選8

# サイト名 PR リンク